ピックアップ記事
【2019年10月最新】bitbank の特徴と評判まとめ!メリット・デメリットも解説。

 国内仮想通貨取引所中でも、GMOコインに次いで人気の取引所はbitbank(ビットバンク)です。設立は2014年5月で、国内取引業者の中では歴史のある取引業者になります。資本金も11億3100万円と多く、安定の会社運営が伺えます。

 この記事では、ビットバンクのメリットとデメリットの他、ビットバンクのレンディングサービスについてご紹介致します。

 

bitbankの特徴と評判

ビットバンクの特徴のひとつとして挙げられるのが、リップルの取引量が活発に行われている事です。ビットバンクはリップルの出来高で何度も世界一となっています。取引量が多くなるとスプレッドが狭くなって購入もお得になるので、リップルの取引を行うならビットバンクがおススメです。

bitbank


※日本人に人気のモナコインも取引量世界一になっています。

※bitbank ホームページより抜粋

ビットバンクの評判としては、初心者から上級者まで多くのユーザー層が利用している事が挙げられます。歴史がある取引所なので愛着の持っているユーザーや、見やすいスマホアプリも用意されているので、初心者にも手軽に取引ができると評判も上々です。

 

bitbankのメリット

セキュリティの充実

 ビットバンクは歴史のある国内取引所でありますが、これまでにハッキングの被害にあった事がありません。コールドウォレットも完全にネットワークから隔離され、マルチシグで管理しています。

また、仮想通貨の利便性も生かす為にホットウォレットも採用していますが、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携し、秘密鍵の管理も物理的、仮想的に分散させた形でbitbank、BitGoの2社による電子署名を行なわないと利用できないという徹底ぶりです。

 

随時お得なキャンペーンが開催される

ビットバンクでは「全ペア取引手数料ゼロキャンペーン」や「リップル出来高ランキングキャンペーン」といったお得なイベントが多く行われます。また、期間限定で手数料無料キャンペーンイベントを行ったりするので、常にチェックを入れておきましょう。

 

bitbank のデメリット

取引仮想通貨が多くない

日本で人気のモナコインの取引ができる数少ない取引所なのですが、取引できる仮想通貨が全部で6種類しかありません。他の取引所に比べ少ない印象があります。

 

注文が通りづらい時がまれにある

リップルの取引量の高い取引所ですので、取引が活発になると注文が通りにくくなったり、遅くなったりするなどの事例がよくあります。また、手数料無料キャンペーンなどが始まると同様の事例が起きやすいので、サーバー設備の強化が期待されます

 

bitbank で簡単口座開設

ここではビットバンクの口座開設について説明いたします。まずは、ビットバンクのHP右上の「無料口座開設」をクリック。

  • メールアドレス入力フォームに、メールアドレスを入力して、登録ボタンをクリック。入力したメールアドレスに仮登録メールが送られてきますので、メール本文内のリンクをクリックします。
  • パスワード設定フォームが開きます。新しいパスワードと、確認の為新しいパスワードを再入力し、利用規約、取引ルール、リスク事項にチェックを入れて登録をクリックします。次に基本情報の登録フォームが開きます。氏名や住所、生年月日を入力して次に進むと、利用の目的や年収。仮想通貨FXや先物取引などの経験を回答します。すべて答えると本人確認書類のアップロードに移ります。
  • 本人確認書類は、免許証やパスポート。マイナンバーカードや住民基本台帳カードの選択になります。運転免許証の場合、裏面と表面の2枚の画像をアップロードが必要になります。アップロードが完了すると、二段階認証の設定になりますが、こちらは後で設定も可能です。

以上で登録は終了となります。入力画面も見やすく、本人確認書類の画像を準備しておけば、わずか3分から5分程で登録は終了します。後はビットバンクの審査が通り次第、住所宛に確認書類が届きますので、書かれている暗号コードを入力すれは取引が開始できます。

 

bitbank のレンディングサービス“貸して増やす”とは?

レンディングとは保有する有価証券などを「貸し付け」て、品貸料を受け取ることです。ビットバンクでは、私たちユーザーが所有している仮想通貨を1年間ビットバンクに貸し付けることで、最大年率5%の仮想通貨をビットバンクが所定の利用料を加算して受け取ることができるサービスを展開しています。

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

 まさに「仮想通貨の定期預金」といった感じです。銀行の利率0.01と低い今、最大5%は大変魅力的です。運用する仮想通貨が変わってしまい、ただ眠っているだけのビットコインや、数年は動かさないと決めたビットコインがあるなら、ぜひ利用したいサービスです。  現在、レンディングサービスの対象仮想通貨はビットコインのみとなっていますが、今後は順時対象通貨を増やしていくとのことで、今以上にビットバンクから目が離せません。

 

まとめ

ビットバンクは非常にセキュリティが高く、長期に仮想通貨を取引したい方や、これまでの取引所に不安がある方には大変お勧めです。さらに、リップルやモナコインの取引量が多いので、リップルとモナコインが好きな方にも、安心して取引が行える取引所だといえるでしょう。

 

人気記事 IT転職に強いエージェントTOP3【現役ITエンジニアがオススメします】

人気記事 フリーランスエンジニア向けオススメエージェント3社【実績・サポート充実】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事