ピックアップ記事
Binance(バイナンス): 世界一の取引高。特徴・メリット、口座開設方法は?

「海外で暗号資産取引所を開設しよう」となった場合、まず一番最初の選択肢に入る取引所は、Binance(バイナンス)です。

バイナンスとは?

バイナンスは、2017年に出来たばかりの新しい仮想通貨取引所ですが、その後、瞬く間に登録ユーザー数を伸ばし、他の取引所をあっといまに抜き去っていきました。世界中の取引所の中で暗号資産取引高1位を獲得し、世界最大の取引所となりました。2018年11月時点でのユーザー数は1000万人を超えています。  

バイナンスの取引所、なんでそんなに人気があるんだろう・・・

バイナンスの特徴と利用するメリット

世界一の取引高=流動性

Binanceの特徴の1つは世界一の取引高です。月日によっては、他の海外取引所の取引高の方が勝る時もありますが、様々な通貨の流動性、取引高を比較すると世界トップクラスの取引所であることは間違いありません。

以下に挙げるメリットにより、利用者1000万人を超え、今もなおユーザ数は増え続けています。

 

取り扱い通貨数が豊富

日本国内の取引所の取り扱いしている通貨数は、多い取引所でも10種類プラスαくらいですが、Binanceは100種類近くの通貨を取り扱っています。

メジャーな通貨だけではなく、一攫千金も夢ではない「草コイン」とよばれる時価総額が低い通貨も多く存在します。

 

上場後に廃止となるコインもある

Binanceは上場後の通貨に対しても、Binanceが定める一定の水準を維持できない場合、上場廃止となります。

上場廃止の主な目的は「ユーザ保護」です。開発レベルと質の担保、健全であり持続可能な通貨の安定性、詐欺的な行為がないか、等、Binance独自の基準が定められています。

これによりBinanceに上場している通貨はBinance運営チームの厳しい審査を継続的にクリアしていかなければいけません。このBinanceの取り組みは、他の暗号資産取引所と比較しても、ユーザにとっては安心できる材料の1つになるのではないでしょうか。

 

コイン上場の投票システム

Binanceでは、上場させる通貨をユーザの「投票」によって決定する仕組みがあります。ノミネートされた通貨から、より多くの投票が集まった人気の高い通貨がBinanceに上場します。

その結果、上場が決まった通貨は、価値が上がり暴騰するケースが多いです。そのため、投票期間中は、SNSなどを駆使して、自分が保有・応援する通貨への投票への呼びかけする投稿が多くみられます。

 

手数料が安い。BNB保有でさらに半額

Binanceの取引手数料は、なんと0.1%です。他の海外の取引所と比べてみても、安いことに間違いはありません。日本国内の取引所の手数料については、言うまでもありません。。

そして、さらにBinanceが発行しているBNB(バイナンスコイン)を使用することでさらに手数料の割引(50%OFF)をうけることができます。

日本国内では購入できないコインについては、Binanceで購入したほうがお得ですね。

 

バイナンスで簡単に口座開設する

まずは Binanceの公式ページ にアクセスしてTOPページを開きます。

画面右上にある「① 言語切替」のボタンを選択し、「② 翻訳」を選択します。※使用しているWEBブラウザの種類やバージョンによっては、表示される内容が若干異なる場合があります。

日本語への言語切替確認ができましたら、「③ 登録」を選択します。

「④ Eメール」「⑤ パスワード」「⑥ ”同意事項にチェック”」を入力し、最後に「⑦ アカウント作成」を選択します。

ロボットによる登録ではないことを証明するために、「⑧ パズルを空白スペース部分に移動」させます。

「⑨ メールに行き、確認する」を選択します。

登録したメールを確認し、「⑩ verify Email」を選択します。

アカウントが「Activate」されたことを確認し、「⑪ Log In」を選択します。

「⑫ 登録したメールアドレスとパスワード」を入力し、「⑬ Log In」を選択します。ログインが成功したら、同じくパズルの空白を埋めます。

2分間で解けるセキュリティ等に関する問題・クイズを解くことができます。興味のある方はぜひ「⑭ クイズを始める」を選択してトライしてみてください。
※英語表記になっている場合は、最初と同じく 画面右上にある「言語切替」のボタンを選択し、「翻訳」を選択してください。

ログインが確認できたら、「⑮ 2段階認証」を設定しましょう。すぐに設定しなくてもよいという方は「⑯ 今のところスキップする」を選択してください。

下の例は「SMS認証」での2段階認証画面です。
「⑰ 携帯電話番号」を入力したら、「⑱ SMSを送信」を選択します。携帯に6桁のコードが届きますので、「⑲ SMS認証コード」を入力します。

 

バイナンスのデメリット

日本円で直接入金・出金ができない

日本国内の取引所であれば、直接取引所に銀行から日本円を振り込みしたり、コンビニから日本円をクイック入金したりして、そこから暗号資産の取引を開始することができます。

しかし、Binanceを含めた海外の取引所では日本円を直接入金して取引ができません。

国内の取引所からビットコインやイーサリアム、リップルなどを購入して、海外の取引所に送金して取引を開始することができます。

出金時も同様で、国内の取引所を通じて日本円を出金します。

 

サポートが日本語対応していない

Webページの表記は翻訳機能で日本語に切替ができますが、万が一の時のサポートは日本語で受けることができません。

Binanceを利用するにあたって、通貨を送金したり、通貨を売買したりするケースが出てくるかと思いますが、ここで起こったトラブルは全て英語で対応する必要があります。最近はGoogle翻訳機能の精度もかなり上がってきているので、そこまで困った状態になるとは考えにくいかもしれません。

 

人気記事 IT転職に強いエージェントTOP3【現役ITエンジニアがオススメします】

人気記事 フリーランスエンジニア向けオススメエージェント3社【実績・サポート充実】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事