ピックアップ記事
OKEx | 10秒でわかるOKExの特徴5選をご紹介

海外の仮想通貨取引所には、日本の仮想通貨取引所には無い魅力やメリットがたくさんあります。今回、この記事でご紹介させて頂くのは、中国の仮想通貨取引所OKExです。

OKExの基本情報

OKEx の基本情報
運営会社OKグループOkex Fintech LLC. 
設立年2014年
所在地マルタ共和国
取り扱い通貨182種類
創始者Star Xu(徐明星、スター・シュウ)

OKExは、Binance(バイナンス)、Huobi(フオビ)と並ぶ、中国三大仮想通貨取引所のひとつです。香港を拠点にサービスを開始。その後、拠点をイタリア南部の島、マルタ共和国に拠点を置いています。

2018年5月には、取引高世界一位を達成。その後も仮想通貨取引量でトップクラスの取引量を誇る世界有数の巨大取引所となっています。

中華圏の仮想通貨取引所ですが、運営拠点をマルタ共和国に置いているのは、この国が仮想通貨に対し寛容である上、仮想通貨関連の法整備も整っているからです。同じ中華圏の仮想通貨取引所で、OKExのライバルでもあるバイナンスも拠点はマルタ共和国に置いています。自由経済都市であった香港も、今や中国政府の影響を強く受けつつあるので、今後はその他の中華圏仮想通貨取引所も、香港からの移転が続くとみられています。

 

これを見れば納得!10秒でわかるOKExの特徴5選!

 ① 仮想通貨数182種類! 

 ② 24時間の取引量世界トップクラスの巨大取引所! 

 ③ 4種類の取引方法! 

 ④ 日本の取引所bitbankと提携! 

 ⑤ ユーザーの国別にさらに3つの取引所に分けている! 

 

OKExの特筆すべきメリット

取り扱い仮想通貨の数が多い

OKExの取引通貨数は182種類。通貨ペアも602通りもあるので、日本では購入できない仮想通貨を購入する事ができます。代表的なビットコインやイーサリアムはもちろん、マイナーな仮想通貨やあまり知られていない仮想通貨での取引も行う事ができます。

また、通貨取引のボリュームも大きいので仮想通貨の流動性が高く、取引が成立しやすい特徴があります。全く相場が変動しない仮想通貨はほとんどないでしょう。ちなみに、イーサリアムに関しては世界第2位の取引量を誇っています。

 

4種類の取引方法ができる

OKExでは、トークン取引、インデックス取引、C2C取引、先物取引の4種類の仮装通貨取引ができます。しかし、各取引は、購入できる銘柄や価格が変わってきますので注意が必要です。

ビットコインや有名なアルトコインの取引をしたいのであれば、取扱数の多いC2C取引がおススメです。しかもC2C取引では、米ドルと人民元での法定通貨建ても可能となっています。

 

OKExの知っておきたいデメリット

日本語対応及び、日本円での対応が無い

海外仮想通貨取引所を利用する上で、一番のデメリットはこの問題です。解決策としては、グーグル翻訳を利用してある程度の内容や操作は理解する事はできます。しかし、送金ミスや何らかのトラブルが起きた際には、英語か中国語での対応を余儀なくされます。

また、日本円対応していないので、OKExで取引を行うときには、日本国内の取引所で仮想通貨を購入し、OKExに送金。送金した仮想通貨での取引開始になるので手間と時間が掛かります。

 

中国政府の圧力を受ける可能性がある

OKExが拠点をマルタ共和国に移したことは前述の通りですが、100%中国政府の圧力を受けないとは思えません。中国は仮想通貨に対しては、テロ資金(中国以外では独立資金)に利用されるとして、あまり良い政策を取っていません。

拠点を移したとはいえ、様々な中国政府とのつながりはあるので、何らかの圧力が掛かる他に、運営に対する中国政府の妨害工作を受けやすいという、中華圏ならではのリスクが非常に高いと考えられます。

 

OKExの独自トークン「OKB」とは?

2018年4月に「OKB」というトークンが発行されています。イーサリアムをベースとしており、総発行数は10億枚。OKEx内での取引が可能ですが、大変魅力が高いトークンと言われています。

魅力その1:主要なアルトコインでのペアが取引手数料無料

ビットコインやイーサリアムといった人気の仮想通貨の取引手数料が無料になります。

 

魅力その2:OKBトークン保有者に手数料収入を分配

OKExが取引所運営で得た手数料収入の半分を、所有するOKBホルダーに2年間限定で配分されます。

この特典に引かれ、日本からも多くのトレーダーがOKExを利用しています。またOKB自体も、OKExの運営状況から「そう遠くない時期に1OKBが400円程の価値になる」といった投資家の意見も挙がっています。

 

まとめ

日本語対応が無いという点以外に目立ったデメリットが無く、今後も期待が高まる仮想通貨取引所です。独自トークンも魅力ある特典付きなので、OKBトークンはOKExを利用するなら、ぜひ所有しておきたいトークンです。


今後も、世界からの注目を集める海外の取引所のひとつであるのは間違いありません。

 

人気記事 IT転職に強いエージェントTOP3【現役ITエンジニアがオススメします】

人気記事 フリーランスエンジニア向けオススメエージェント3社【実績・サポート充実】

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事