ピックアップ記事
「Facebook Libra」ペイパル撤退の理由とは。EUからの規制強化も? リブラの最新動向

今回は新たな仮想通貨「リブラ」の最新動向についてお伝えします。

仮想通貨「リブラ(libra)」は、アメリカの大手SNSサイトであるFacebookが開発している新しい仮想通貨です。開始時期は2020年とされています。Facebookは2019年6月18日(現地時間)にリブラの構想について発表し、瞬く間に世界中の注目を集めました。

リブラは決済スピードの速さも特徴ですが、特筆すべきはFacebookが中心になって開発しているという点です。

Libra(リブラ)の3つのポイント

 

 ① Facebookは世界中に30億人のユーザを持つ

 ② Facebookのユーザ間で簡単に決済

 ③ 価格の安定が見込めるステーブルコイン

 

Facebookは世界中に30億人近くという膨大な数の登録ユーザを抱えています。Facebookのユーザ間で簡単にリブラで決済ができる仕組みなど、Facebookのネットワーク力を活かした便利な機能が期待されています。Facebookのユーザがリブラを使い始めれば、仮想通貨が世界中に一気に流通する可能性があります。さらにリブラはドルやユーロなどのハードカレンシーと一定比率で交換できる「ステーブルコイン」であり、ビットコインなどに比べると価格の安定が見込めます。

このため決済にも利用しやすくなることが期待されています。リブラの参加企業には、ビザやマスターカードなどの決済サービス企業のほか、イーベイやウーバー、スポティファイなどの名だたるオンラインサービス企業が名を連ねています。

世界中から大きな注目を集めるリブラですが、各国の金融当局は強い懸念を示しています。Facebookは世界中にユーザがいるため、リブラを利用して国境をまたいで簡単に送金や決済ができるようになると、マネーロンダリングなど犯罪に悪用されるリスクが高まると警戒しているのです。

4日、リブラに参加していた決済サービス大手の米・ペイパルホールディングスは、リブラの運営組織であるリブラ協会からの撤退を表明しました。ペイパルは撤退の理由を明らかにしていませんが、金融当局からの高まる懸念を意識していた可能性があります。

10月初には、マスターカードやビザなどもリブラからの撤退を検討していると、アメリカのウォールストリートジャーナル紙が報じていました。さらに8日には、欧州委員会の金融安定・金融サービス担当のトムブロフスキス委員によって、リブラなどの仮想通貨を規制するための新たなルールの必要性が言及されました。

金融の安定性と投資家保護の観点から、EU全体でリブラを規制する必要があるとの見方が示されたのです。9月12日には、フランスの経済財務大臣ブルーノ・ル・メール氏からも、「現時点では欧州でのリブラ開発は認められない」との発言があったばかりでした。

リブラはFacebookのネットワーク力から仮想通貨が一気に広まり、決済の利便性向上が期待される一方で、マネーロンダリングなど不正利用の懸念は根強く、仮想通貨全体への規制が強化される可能性もあります。

参加企業やリブラに対する各国の規制など、今後の動向から引き続き目が離せません。

 

人気記事 IT転職に強いエージェントTOP3【現役ITエンジニアがオススメします】

人気記事 フリーランスエンジニア向けオススメエージェント3社【実績・サポート充実】

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事